ランディングページのコンバージョン率(CVR)が低下する原因は?改善できる方法3選を紹介。広告デザインの注意点を解説!

商品を販促し、キャンペーンを行うために、ランディングページを必要とします。

ランディングページ(Landing page)は検索結果や広告などを経由し、利用者がアクセスするファーストページのことです。

この記事はランディングページのコンバージョン率(CVR)が低下する原因について、分析していきたいと思います。

ランディングページを作成する方法が分かりつつも、更にレイアウトを精進したり、商品の魅力を正確に表現したりしたい方、ぜひご一読ください。

ランディングページ最適化の重要性

1.顧客ニーズの変化

濃厚で甘いチョコレートケーキをバレンタインに贈るのはロマンチックなことですよね。

でも、水着を着るために「ダイエットしたい!」の夏にチョコレートケーキは「高カロリー」のイメージを与えます。


季節と祝日に合わせ、ランディングページ最適化の方向を変える以外に、Google trendを利用し、世界中で注目された話題を検索することが出来ます。時事ネタをランディングページに入れることも顧客に興味を持たせる一つの方法です。

2.売上によって目玉商品を変える

多くのネットショップ起業家は製品の販売初期に消費者の好みを推測しながら、ランディングページのビジュアルデザイン、製品紹介、および顧客の具体的な行動に誘導するCTA (Call To Action)ボタンを設計しました。


しかし、実際に販売してみると、顧客の期待している商品機能、または人気の商品が自分自身の予想されたものと違うかもしれません。


そこで、顧客のフィードバックを受け、顧客の好みを分析する工夫が大事ですね。

サイトのメインビジュアルを質感のある写真や共感を得られる写真に換えるとか、または注目された商品を一番見かけられるところに置くのがポイントです。

「ランディングページのクリック率が高いけど、何でコンバージョン率あんまり良くないの?」

これから、ランディングページを修正したが、コンバージョン率がなかなか上がらない3つの原因について説明します。

1.サイトのメインビジュアルは販促イメージが強い?

サイトに入り、目の前にあるのは色々な「セール」、「最大○○%OFF」などの文字。

このようなECサイトを見たことがありますよね。鮮やかな色合いと販促文字でデザインすると購買意欲を高めますが、少し見辛いですね。


サイトの高級感を表現するコツ:

商品ページの2分の3の画面に商品写真を置くとか、または、商品の優れた点を見せながら使う姿の写真は商品の魅力を引き出しますよ。

image02

2.情報量が多すぎる

商品をアピールするために色々な情報を載せたくなりますが、情報量が多すぎると逆に見辛いです。

情報を整理し、なるべく3つのシンプルで覚えやすいポイントだけ載せることをおすすめします。

image03

3.サイトの信頼性が高い?低い?

あなたの商品の優勢は何でしょうか?類似製品との差別化をしましたか?

競合製品との比較、顧客からもらったレビュー、安心安全マークとかを載せ、顧客の信頼を得ましょう!

image04

デザインのコツ:人間視線の誘導・左から右へ

レイアウトの法則は左から右です。

視線は左から右に流れていきますので、レイアウトとデザインする時、「左から右へ」を意識し、作成してくださいね。

そして、デザインの色合いをなるべくシンプルにして、余白を作ることがポイントです。

見やすいレイアウトとデザインで魅力的なファーストビューを作りましょう!

image05

簡単にランディングページをデザインする方法は?

以上のデザインとレイアウトについての注意点はいかがでしょうか?

3つの注意点を意識しながら、Vivipicの「商品詳細ページ」のテンプレートを利用したら、デザインが苦手な方でも気軽に出来ます。

デザインを開始する→写真をアップロードする→テキストを入力する→完成品をダウロードする。Vivipicのオリジナルテンプレートで使ったら、もうデザインに悩みません。

Related Posts